小村雪岱挿絵集

小村雪岱挿絵集

真田幸治 編

幻戯書房/2018年10月17日発行/四六判/上製本/カバー装/角背

『小村雪岱随筆集』に続き、ライフワークである小村雪岱研究の成果を本の形にすることができました。編集・解説文の書き下ろしの他、装幀、本文組版も手がけています。つや黒で箔で捺したタイトルの文字には随筆集と同様に、小村雪岱が装幀本などで使っていた雪岱独自の手描き文字である〈雪岱文字〉を装幀本から採集し使用しました。

本挿絵集では過去の雪岱の展覧会や書籍などでほとんど取り上げられていない新たに発掘してきた挿絵を収録しました。過去に取り上げられてきた挿絵の多くはその全貌を把握しやすい新聞連載小説の挿絵やその原画でしたが、本書では雪岱が活躍した雑誌挿絵に注目し、それら雑誌を実見、及び手元に収集し、雪岱の雑誌挿絵の全貌に迫りました。その期間は大正5年(1916)から歿年の昭和15年(1940)までに及び、邦枝完二、長谷川伸、吉川英治、子母澤寛ら大衆小説作家と組んだ江戸情趣あふれる「髷物」のほか、資生堂意匠部在籍時の仕事や現代物、児童物も網羅し、雪岱独自の画風である〈雪岱調〉の成立の過程をも把握することができます。「両国梶之助」(鈴木彦次郎)の原画なども収録。

小村雪岱随筆集

小村雪岱随筆集

真田幸治 編

幻戯書房/2018年2月15日発行/四六判/上製本/カバー装/角背

編集・解説文の書き下ろしの他、装幀、本文組版を担当。現在(2020年9月)三刷。つや黒で箔で捺したタイトルの文字には小村雪岱が装幀本などで使っていた雪岱独自の手描き文字である〈雪岱文字〉を装幀本から採集し使用しました。

大正から昭和初期にかけて、装幀家、挿絵画家、舞台装置家として活躍した小村雪岱の文章をまとめた本です。雪岱の随筆は『日本橋檜物町』と題して、雪岱歿後の昭和17年に高見澤木版社より30篇がまとめられ刊行されています。その後、中公文庫、平凡社ライブラリーより復刊されましたが、本書ではこの30篇に新たに発掘した44篇も加え、また挿絵や図版が附随する場合はこれも収録しました。

本書に収録されている文章は編者でもある私が雪岱文章収載の初出雑誌にあたって、新規発見分及び過去収録分を再構成し、収録したものです。文章の蒐集には雪岱が関わりを持っていると思われる雑誌を雪岱歿年の昭和15年までの刊行分を目処とし実見しています。初出不明とされていたものも初出を明らかにし、タイトルも初出雑誌を参考により正確なものとしました。また、本書の装幀には雪岱の挿絵の他、タイトルには雪岱が装幀や挿絵の仕事で使用していた雪岱独自の文字である〈雪岱文字〉を雪岱の装幀本から採集し、使用しています。絵だけでなく文字にもこだわった雪岱の美意識を、装幀からも感じとってもらえたらと思います。

装幀や挿絵の仕事だけなく、文章という形から、雪岱の新たな一面を読み取ってもらえることができたら幸いです。

ホルトの木の下で 増補新版

ホルトの木の下で

増補新版

堀 文子

幻戯書房/2017年12月13日発行/A5判変形/上製本/カバー装/丸背

増補版刊行の際にカバーデザインを変更することになり、堀文子さんに自分の絵を自由にして新しいものをつくって!と言われ、全面に見えない木があると想定して、そこに切り抜いた鳥を配しました。カバーの紙にはチップがはいったOKカイゼルを用いて、見えない木の雰囲気を演出しています。

白昼のスカイスクレエパア

白昼のスカイスクレエパア

北園克衛モダン小説集

幻戯書房/2016年1月15日発行/四六判/上製本/カバー装/角背

北園克衛を追いかけ続ける加藤仁氏が、地道な日々の探索の中で蒐集してきた新発見の北園作品を収録した小説集。その探索する姿を見続けてきていたので、装幀を手がけるにあたっては気持ちが入りました(また、真田のライフワークである小村雪岱のかなり貴重な資料を過去に何度も発見、提供して頂いています)。タイトルの文字はグレーの特色の上に透明の箔押しを、またこの箔押しはモチーフのビルヂングをイメージしたグラフィックにも点在させており、実際に差触ってみるとそこの箔押しを施した意義に納得してもらえると思います。帯の紙は少し薄めのものを採用し、カバーのグラフィックが帯越しにうっすらと見えるように透け感を出しました。控えめな装幀ですが、個人的にはとても気に入っています。

アイネクライネな我が回想

アイネクライネな我が回想

音楽留学ドイツ語忘備録

茂木大輔

幻戯書房/2013年4月30日発行/四六判/上製本/カバー装

カバーは2色で表面加工はニス。帯は1色。天使や妖精に続く、小人ピエロモチーフ装幀です。これらのモチーフに装幀を創り上げるのがとても好きで、これからも機会があれば繰り返し使っていきたいです。

つげ義春の温泉

つげ義春の温泉

つげ義春

ちくま文庫/2012年6月10日発行/A6判/並製本/カバー装

つげ義春氏が訪れた温泉で撮影した写真に文章と漫画(一枚絵)をまとめたものです。本文組版も担当しています。編集者との打ち合わせの際に、つげ氏からと温泉の生写真がたしか数百枚入った大きな封筒を渡されました。おそらくそんなに丁寧には保存されていなかったようで、写真は擦り傷が多く、その雑然とした感じがまたよいなぁと思いながら一枚一枚見入っていました。制作の始まりはまずは写真の裏に鉛筆?で書かれた地名を参考にしながら、写真を地域別に分別することでした。結構書かれていないものもあり、担当編集者のAさんと相談しながら確定してゆく作業は中々難儀したようにと覚えています。そういえばこの時は本文の印刷に立ち合っています。

ホルトの木の下で

ホルトの木の下で

堀 文子

幻戯書房/2007年9月26日発行/A5判変形/上製本/カバー装/丸背

カバーは4色、タイトルと著者名をつや黒の箔捺し。帯は2色。

装幀案を考えるにあたって、担当編集者のIさんと堀文子さんの大磯のアトリエにお邪魔しました。アトリエはどこを見てもわくわくする、好奇心を大いにくすぐる空間で、壁に床に天井にどこを見ても、そして棚の上に置いてあるオブジェや何気なく置いてある木の板や棒、なんなのかよくわからないものやこれで描いているのかなと思わせる画材など、何を見てもおもしろく、こういった空間で堀さんの絵が紡ぎだされているのだと興奮が止まりませんでした。少し落ち着いてから、堀さんとお話ししながらアトリエにある絵を見させてもらい、最終的にこの絵をぜひ!とお願いして、装画を決定しました。装幀案が決まった後は堀さんにさぁさぁとお酒を薦められ、あまり飲めないながらも僕とIさんでかなり飲んだのを覚えています。笑顔でお見送り頂き、大磯駅で倒れつつ、よろよろしながら帰宅しました……。

ちなみに僕は高校が大磯で、その高校は国道を挟んで海の真ん前にあり、東海道線を挟んだ山側の生い茂った木の合間にこのようなアトリエがあったことは当時はまったく知らず、十数年たってから気づいたのでした。クラスの卒業アルバムのクラスの集合写真の撮影場所は大磯駅前だったはず。まさか十数年たって駅前で酔い潰れることになるとは。