2021年11月19日(金)趣味展

早めに起きて仕事を済ませ、書きかけだった『日本古書通信』用の原稿もなんとか仕上げて古通の編集者の樽見さんに送信。9時過ぎに事務所を出て神保町は東京古書会館へ。本日は趣味展。いつも趣味展の日は早めに列んでいるので知らなかったが、遅めに来るとこんなに列んでいるのかという長い長い行列である。

一階で検温と手の消毒を済ませてから階下に降りるとすでに開場になっていた。扶桑書房さんの棚であれこれ。最初に目に入ったのは村松梢風の個人誌『騒人』。この雑誌、小村雪岱が度々表紙絵緒手がけているだけなく、雑誌タイトル文字を雪岱文字で手がけている雪岱とは縁の深い雑誌。また発行元の騒人社からの刊行本の装幀もかなり好い装幀で手がけています。ダブりもあるものの9冊購入。

それと徳田秋聲の『何処まで』(新潮社、大正11年)という本を見つける。誰かが戻したものだろうか。おそらく竹久夢二による装幀であろうこの本、今まで実見したことがなく、結構珍しい気がする。

追記(2021年11月25日):この本について常日頃お世話になっているKさんからわざわざご連絡を頂いて、この本が今まで夢二装であると指摘されたことがないことを知る。時間に余裕が出来たらしっかり調査してみようと思う。

そして今回の趣味展の大金星がこれ。後藤宙外旧蔵の『新著月刊』が2冊! 2冊とも裏表紙が茶紙に替えられていたので始めは悩んだものの、泉鏡花「蛇くひ」収載の号の裏表紙をよく見たら、それが僕も何冊か持っている雑誌『芸術殿』からの茶封筒を流用したものであることに気づき、宛名を見て衝撃を受ける。なんと『新著月刊』編集人である「後藤寅之助」宛! そして、これはと思い見直してみたところ表紙にも裏替表紙にも「宙外文庫」の印を発見する。急いでもう一冊を見てみれば、こちらの裏表紙には「後藤宙外」宛の茶封筒が流用されていた。どちらも昭和8年の封筒なので昭和に入ってからおそらく宙外自身が修復に流用した可能性が高い。近代文学史的にも、編集人旧蔵のしかも改装とはいえ、宛名のある茶封筒で改装されている本は中々重要な資料ではなかろうか。

今日は午後は重要案件があったのでもう少し粘りたかったが、早めに切りあげて丸香へ。寒くなってきたので暖かい丸天が染みる…。古書会館へ戻るも会計の列が長く、会計は明日にして12時には古書会館を後にする。

2021年9月22日(水)神保町

昨日は後期二回目の授業日。いつも楽しみにしている遅い昼ご飯に食する大阪阿部野橋駅の構内の立ち食いうどんだが、残業で駅到着20時着ですでに明かりを落としていたのがとても残念だった……。結局いつもと代わり映えのしないコンビニ飯を食した夜でした。

新幹線で帰京後、たまった雑務をこなしてから夕方に神保町へ。まずは昨日食せ無かったうどんへの渇望を丸香で解消する。一杯目は青唐辛子うどんにかしわ天、おかわりは丸天。大満足。

それから馴染みの古書店に寄り、注文品を確認させてもらう。これはと思いやはり譲って頂くことに。雑談。店内は以前よりも本で埋め尽くされていて、まるで倉庫のようだ。

それから幻戯書房に寄り、田口博さんと打ち合わせ。今回の制作中の本とは直接関係ないが後学の為に『映画美術の情念』(内藤昭著、東 陽一、リトルモア、1992年)をお借りする。版元が90年代に目白に会社を構えていたことを知る。

まだ当分執筆にかかりっきりで更新は少なめです。ご容赦を。

2021年7月27日前期ラスト喜志

台風が東京に上陸するのをかわすようにで朝一で大阪へ向かう。オリンピックのサーフィン競技は前倒しして日程をこなしたようだが、いい波だったのではないか。茅ヶ崎時代も台風がせまってくるとサーファーが押し寄せてきたのを覚えている。

池袋駅構内は警察官の方々が朝からオリンピックの警備で大変そう。暑そうだなぁ。一人、ちょっと台に乗って警備している方がいて、その眺めを見てみたかった。駅構内をドローン視点で見られたらおもしろうだな。

しかし暑い……。キャンパスは蝉の鳴き声がこれでもか!という勢いで降りかかってきていましたよ。

大阪阿部野橋駅のいつもの立ち食いでは今日は山菜ソバを注文。安くて美味いは素晴らしい。

2021年7月9日(金)愛書会

本日の東京古書会館は愛書会。開場の10時に少し遅れて入場。やすだ書店で資料を念入りに見ていると、美術雑誌に小村雪岱舞台装置の批評文、河野通勢による「『短夜』の舞台装置」を発見!目次のタイトルを見ただけで雪岱記事だと分かった自分を褒めてあげたい。この演目、雑誌で雪岱装置である事を発見、その後二折りの冊子も見つけ、確認済みだったので、すぐに気づくことができた。

発見した小村雪岱についての文章が掲載されていたのが『美之国』昭和2年5月号。目次だけ見てもまったくわからないが、脳内小村雪岱データベースに引っかかって、これは!と該当頁を開くとビンゴ!

タイトル横に「久保田万太郎作並演出」「小村雪岱舞台装置」とあり、「小村雪岱□んは……」とする書き出しで雪岱の仕事ぶりにせまっている。当時文藝春秋社が経営に参画していた新劇協会公演の「短夜」は帝国ホテル演芸場で昭和2年の4月15日から24日まで開演され、新劇主演女優の伊澤蘭奢も出演。

ちなみにこの小村雪岱舞台装置、久保田万太郎原作の「短夜」は「小村雪岱舞台装置年表」(『故小村雪岱氏遺作展』美術新協、昭15))を初めとして、あらゆる雪岱の舞台装置仕事リストにも収録されていない演目です。

丸香で丸天の暖かいかけとかしわ天を注文。完食したが、ちょっと不調でいつものように堪能できなかった。古書会館で会計して池袋へ。仕事をこなす。

2021年6月25日(金)ぐろりや展

本日の東京古書会館の古書即売会は無事開催。ぐろりや展。御茶ノ水駅を出ると小雨が。開場前に列ぶ。今回は『サンデー毎日』の抜けを18冊、美術雑誌を4冊購入。会場で玊睛さんと会えたので以前からお話しを頂き用意してもらっていた雪岱挿絵の資料を受け取る。

それからTさんにお声がけして丸香へ。日本古書通信社に寄って連載の相談をしてから、会場で取り置いていた本の会計を済ませて帰途へ。美術雑誌にかなりよい内容のものがあり、知る限りこれ今まで参照されていないはず。

夕方、都電荒川線で向原へ。六花書林。出来上がった本の見本を受け取る。それから久しぶりに駅前のS平へ。さらにタコ焼き屋にも。

2021年6月22日(火)喜志

大阪へ。今日の新幹線からアイマスクを導入してみた。もう仕事をするのも読書をするのも諦めた。やはり電車の揺れに弱いのはそうは直らないのだな。ちなみに結果は熟睡。あっという間に名古屋に着く。あまりの熟睡ぶりが怖かったので名古屋からはアイマスクを外す。

大阪阿部野橋駅の立ち食いで初めてのつけラーメンというのを注文。やっぱりかけか中華そばの二択かなと。夜はホテルの部屋で電話打ち合わせ。

2021年6月18日(金)新興展

まぁまぁ晴れ。朝一で神保町へ向かい東京古書会館へ。本日の古書即売展は新興会。近代文学ものとはあまり縁の無い即売会ですが、念のため足を伸ばす。コロナ禍の影響で初日の18日のみの開催に変更。

その後丸香に列び月見山とかしわ天を食し、日本古書通信社に寄ってから田村書店へ。かなり久しぶりだったので一冊購入。ご主人にワクチン接種の話をうかがう。それから新興会でご挨拶した浅倉屋書店さんに薦められたので萬響へ行くも昼食の為か不在、気を取り直して日本書房に寄り、もう一度田村書店と新興会で細かい買いものをしてから池袋に戻る。

丸香の月見山

気づけば夕食時だったので明治通りに出てとなりの二豊へ向かうもすでに支度中の札にかわっていた。頼めば行けるような気もしたけど迷惑かと思い諦め、通りを渡って目白方面へ歩き広州酒家へ。が、こちらもすでに準備中。残念。コンビニ食かと考えながら100円ローソンでサワーを二本買い、帰宅前に閉店間際の古書往来座に寄ってみたところ思わず話し込んでしまいカバンからサワーを取り出して長居してしまう。瀬戸君の不忍ブックストリーム用の企画のテストに参加。これはおもしろいよ、瀬戸君。

2020年11月27日(金)和洋会と五反田遊古会

朝一で神保町の古書会館の和洋会へ。コロナの件もあるので列ぶのは控えて、10時少し過ぎに到着。すでに列はなかったので前倒しで入場したのかもしれない。見て回るも戦前の雑誌は見当たらない。小村雪岱の装幀本だと函背欠の水上瀧太郎の『明窓集』が500円で、カバー欠も函付の佐佐木信綱『竹柏漫筆』が3000円で並んでいたが、両冊とももう何冊目のダブり本かもわからないし、『竹柏漫筆』は小高いので(現場的に)見送る。しかし、今回は稀本を入手。谷崎潤一郎の『人魚の嘆き』(春陽堂)を現場の棚で見つける。ちなみに五版。丸香で丸天かけ小。

五反田へ移動して、東部古書会館へ。五反田遊古会。吟味して、杉浦非水表紙絵の『現代』と未所持だった『主婦之友』を一冊。『主婦之友』は昭和2年から15年(雪岱歿年)まで集めているがかなり揃った気がする。ファミマのコンビニコーヒーでサクッと休息して帰宅。仕事。

2020年11月20日(金)趣味の古書展

さて、本日の神保町の古書会館は趣味の古書展こと趣味展。これはさすがにと思い、久しぶりに9時前に到着、列ぶ。それでも20番目だったのは驚いた。前回に続いて整理券が配付される。番号順に前倒しで入場。扶桑書房の棚へ。小村雪岱関係はあまり見当たらず、久保田万太郎の『雨後』の函付も手に取ったりしたがすでに四冊はあるのでさすがに友人に譲る(『雨後』は意外と美本は難しいのと、函の題簽の色が紫色とオレンジ色の二種あるので上位二冊をつねに用意するようにしていると自然と四冊常に並ぶことになる)。雑誌は少なかったが、それでもいいものがあった。『少女世界』の合本には杉浦非水の表紙絵もあったし、竹久夢二の挿絵や口絵がふんだんにはいっている。それと『ハガキ文学』も一冊。小杉天外の『恋と恋』(春陽堂、明治34年、初版)は口絵欠だが買いやすい値付けでありがたい。ほかに恩地孝四郎の扉絵の小型本など計15冊ほど購入。昼食は丸香。帰宅して大急ぎで仕事。