2021年7月27日前期ラスト喜志

台風が東京に上陸するのをかわすようにで朝一で大阪へ向かう。オリンピックのサーフィン競技は前倒しして日程をこなしたようだが、いい波だったのではないか。茅ヶ崎時代も台風がせまってくるとサーファーが押し寄せてきたのを覚えている。

池袋駅構内は警察官の方々が朝からオリンピックの警備で大変そう。暑そうだなぁ。一人、ちょっと台に乗って警備している方がいて、その眺めを見てみたかった。駅構内をドローン視点で見られたらおもしろうだな。

しかし暑い……。キャンパスは蝉の鳴き声がこれでもか!という勢いで降りかかってきていましたよ。

大阪阿部野橋駅のいつもの立ち食いでは今日は山菜ソバを注文。安くて美味いは素晴らしい。

2021年7月26日資料見つかる

連休中に見つからなかった原稿に必要な資料がようやく見つかる!間に合った……。来月の『日本古書通信』の小村雪岱についての連載は表紙絵をちょっとお休みして、異なるテーマで数回連載します。まだまだ書いておきたいことはたくさんあります。

しかし、大阪に行く前に終わらせておきたかった仕事がうまく着地できず。連絡だけでもメールを深夜まで書いてから仕度を済ませる。

2021年7月25日 日曜日

原稿を書きつつ、仕事をこなす。四連休だったようだがいつもと変わらない感じか。電話があまりかかってこないので落ち着くといえば落ち着く。しかし、油断すると部屋の中さえも茹だっているようで空気を入れ換えて冷房もちょっと強めにして過ごす。夏だなぁ。

今日も少し時間をとって資料を探すが見つからず。

2021年7月13日(火)

朝一の新幹線で大阪へ。乗り換え、乗り換えで喜志に到着。暑い……。

夜は変わらずデパ地下で買ったお弁当やおつまみをホテルに持ち込み部屋で食事。しかしいつも思うのは安い。高くて美味しいものもあるのだけど、安いものが多い印象。

2021年7月12日(月)

ラフの作成や修正などをしつつ、西武にちょっと贈り物の手配をしに行き、その後、ジュンク堂に寄り、Twitterで見かけた『MOGA モダンガール──クラブ化粧品・プラトン社のデザイン』(青幻舎)を探すも棚には見当たらず。hontoには在庫があるも池袋の検索ではひっかからなかった。水曜日以降の購入になりそう。『波』などを頂戴してから事務所に戻る。

装幀案、修正箇所の件で勘違いが……。改めて修正してから六花書林の宇田川さんと電話で打ち合わせ。それから礼状を書いて最終に間に合うように投函。

資料部屋を片づけているが、必要な本が見つからない。

2021年7月11日(日)

論文集を地道に書いている。そうまだ書いているのです……。本当にごめんなさい。

Twitterで装幀家の桂川潤さんが今月の5日に亡くなられていたことを知る。面識はないのですが日比谷図書文化館での〈複製芸術家小村雪岱〉展にお越し頂けたのは嬉しかったです。行年62歳。あまりにも、あまりにもお若い。つい先日まで色々とツイートされていたのでどうにも信じられない。

2021年7月10日(土)

装幀のラフ案を制作。うまく着地できず、夕方に切りあげる。

16時に事務所を出て神保町へ。まず魚山堂書店に行き、自家目録の注文品を受け取りつつ雑談。それから日本書房へ向かい、こちらも自家目録の注文品を受け取る。他は寄らずに池袋に戻る。

古書往来座で瀬戸君と話しているときに栃折久美子氏が6月25日に他界されたことを知る。行年92歳とのこと。

2021年7月8日(木)

税務署に行って書類の提出。完璧。帰りにモスバーガーに寄ってコーヒーを飲みながら出がけに届いていた本を読む。メルカリで購入して、二週間後に到着。なんだったんだ……。福しんでラーメンを食べて帰ったが今日の福しんはイマイチだった。飲んでから食べるとあんなに輝いているのに。

2021年7月7日(水)西口のえるびすが閉店していた

朝5時代にホテルをチェックアウトして新大阪へ。構内のドトールで朝食。池袋についてベローチェで読書して一休み。もっと体力をつけねば。事務所に戻って雑務をこなすも間に合わず。その後用事で税務署へ。帰りに〈えるびす〉をキメようと寄ってみるもなんと6 月末で閉店とのこと……。20年前、まだ20代の時に出会った時代の最先端のよう思えた新しいスタイルのラーメンだった。

六花書林の宇田川さんに電話でお話ししたり。夕方にいつもの整骨院へ。テーピングをしてもらって動きは少し楽になった。見忘れてていた郵便受けを見たら、日本書房から古書目録が届いていた。18時を過ぎていたが一応電話を入れてみたところ、出て頂けたので注文を済ませる。

おそらくあと一週間でブログの一ヶ月毎日更新を達成できる。ツイートを流用しつつ無理せず更新したいところ。