8月28日(金)書窓会

東京古書会館の八月の終わりを〆るのは書窓会。この即売会が終わると夏の終わりを感じる。特選で秋が終わる感じに似ているな。注文品は当たり。想像していたよりも貴重な内容だった。

8月21日(金)ぐろりや会

午後は神保町へ。某事案の定期打ち合わせ。一時間半の打ち合わせを終えてから田村書店を覗いてから古書会館へ。今日はぐろりや会。戦前の手持ちになりサンデー毎日に雪岱の挿絵がないかチェックする。サンデー毎日の雪岱生前の昭和分はデータではすでに確認済みだけれども、見落としがないかと現物を見ることができる機会にはチェックするようにしている。ただ、集中力と体力がかなり奪われてしまうのだけれども。柳田国男の文庫を一冊購入。
久しぶりに古書会館をでてすぐのくるりでラーメンを食べてから事務所に戻る。